古い求人には応募しない事

情報が古い求人を放置している会社は避けるのが無難

転職アプリは上手に使いこなせば転職活動が効率的に進みます。常に新しい情報を確認できる他、過去の求人と比較するのも容易です。業種別の傾向を把握して効果的な対策を講じることが可能なのが利点ですが、その一方で実際に応募する際は古い求人を避けることを心がけます。すでに多くの求職者が接触を図っている可能性が高く、採用される確率が低いためです。また、情報を更新せずに古いままで放置する会社は情報管理が杜撰であるとも言えます。いつまでも同じ求人広告を載せ続けている会社は職場環境に大きな問題があるという見方もできるので、よほどの事情が無い限り避けるのが無難です。中には明らかに虚偽とわかる内容を記載している悪質な会社もあるので、応募する前に必ず評判を調べておきます。

実際は採用する気が無いカラ求人の可能性がある

求人広告が更新されずにいつまでも残っているのは求職者が来ないだけではなく、会社側が採用しないのも大きな理由です。雇用する意思が無いにも関わらず提示される求人広告は俗にカラ求人と呼ばれ、求職者にとっては非常に迷惑な代物です。求職者を相手に面接をしても採用せず、そのまま求人広告を出し続けているカラ求人は情報が更新されることもほとんどありません。そのため、次々と出てくる新しい求人広告に埋没し、情報が古くなってしまうのです。また、求人広告の掲載費が無料の転職アプリでは広告の削除を忘れてしまい、結果的にカラ求人となるケースもあります。いずれの場合でも求職者にとってカラ求人は迷惑でしかないので、カラ求人の可能性がある古い求人には応募しないのが賢明です。

思考の整理や発展に有効なアイディアの視覚化のこと。中心となるイメージから関連するイメージへ枝をつなぎ発想を引き出します。キャリアアップに欠かせない目標達成、問題解決、企画開発に役立ちます。